何が変わった?iOS 16.1.2がリリース。Wi-Fi通信が改善された!?変更点まとめ

スポンサーリンク

2022年12月1日、AppleはiOS 16.1.2をリリースしました。

この記事ではiOS 16.1.2で何が変わったのか変更点をまとめて紹介します。

iOS 16.1.2はバグ修正アップデート

今回のアップデートiOS 16.1.2は前回のバージョンiOS 16.1.1からのバグ修正アップデートです。
Appleが明らかにしている修正は3点です。

  • ワイヤレス通信事業者との互換性の改善
  • iPhone 14とiPhone 14 Proモデルでの衝突事故検出の最適化
  • セキュリティーアップデート(詳細:Apple Support 英語

「ワイヤレス通信事業者との互換性の改善」は以前から一部のユーザーでiOS 16はワイヤレス(Wi-Fi)が不安定で、接続が切れてしまう等の問題が報告されていました。今回はその問題が解決されたのかもしれません。

またiPhone 14シリーズのみのアップデートとして衝撃事故検出機能の最適化が図られています。

スポンサーリンク

最後にセキュリティーアップデートについては2022年12月1日、9時現在詳細が明らかにされておらず「details available soon 詳細は追って」とのみサポートページには記載されています。修正対象がiPhone 8からなのでiOS 16シリーズがインストールされたすべてのiPhoneがアップデートの対象になるようです。

iPadOSのアップデートはナシ

ちなみに今回、iPadOS 16.1.2はリリースされていません。

アップデート後は「1度再起動」がオススメ

iOS・iPadOSのアップデート後、いつも使える機能が使えなくなっていることがあります。

例えばアップデート後に通知が来なくなるのは「アップデートあるある」なくらいよく起こります。他にもiPhone・iPadとMacのクリップボードを共有する「ユニバーサル・クリップボード」が機能していなかったり、Handoffが使えなかったり。

そんなときはiOS・iPadOSのアップデート後、もう一度端末の再起動を行ってみてください。それで問題が解決することが多いです。

ソフトウェア・アップデートをする方法

ソフトウェア・アップデートをする方法は以下の通りです。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ

アップデートがある場合は上記の画面にアップデート表示されますので、画面の指示に従ってアップデートを行ってください。

ソフトウェア・アップデートに関する記事