Face IDやTouch IDではなくパスコードが必要になる条件

Face IDやTouch IDではなくパスコードが必要になる条件

Face IDの認証はTouch IDと同じかそれ以上に早く反応する
Face IDのアイコン。見覚えがあると思ったらMacintoshのアイコンだ
iPhone XのFace IDは横向きや上下逆さまでは動作しない

スポンサーリンク

Touch IDを使っていると、指紋認証に失敗したわけでもないのに突然、Touch IDではなくパスコードを求められることがあります。

これは一定の条件を満たすとセキュリティー上の理由で自動的にTouch IDではなく、パスコードが必要になるからです。

実はこれと同じことがFace IDでも起こります。
そこで今回はそんなTouch IDやFace IDが使えなくなり、パスコードが必要になるタイミングを紹介します。

Touch IDやFace IDではなく、パスコードが必要になるタイミング

AppleのサポートページにFace IDが使えなくなる条件が記載されていました。
さらに別のAppleのサポートドキュメントによると以下の条件で、Touch IDは使えなくなり、パスコードを求められます。

  • デバイスの電源を入れた直後や再起動したとき。
  • デバイスが 48 時間以上ロック解除されていないとき。
  • デバイスのロック解除に過去 6 日半パスコードが使われておらず、過去 4 時間に Face ID でデバイスのロックを解除していないとき。
  • デバイスでリモートのロックコマンドを受信したとき。
  • 顔認証または指紋認証に 5 回失敗した後。
  • 音量ボタンのどちらかとサイドボタンを同時に 2 秒間長押しして電源オフ/緊急 SOS を作動させた後。

スポンサーリンク

COMMENTS