Face IDやTouch IDではなくパスコードが必要になる条件

Face IDやTouch IDではなくパスコードが必要になる条件

iPhone 8は光学式のTouch ID&顔認証の二段階認証になる?
iPhone XのFace IDは横向きや上下逆さまでは動作しない
Face IDのアイコン。見覚えがあると思ったらMacintoshのアイコンだ

スポンサーリンク

Touch IDを使っていると、指紋認証に失敗したわけでもないのに突然、Touch IDではなくパスコードを求められることがあります。

これは一定の条件を満たすとセキュリティー上の理由で自動的にTouch IDではなく、パスコードが必要になるからです。

実はこれと同じことがFace IDでも起こります。
そこで今回はそんなTouch IDやFace IDが使えなくなり、パスコードが必要になるタイミングを紹介します。

Touch IDやFace IDではなく、パスコードが必要になるタイミング

AppleのサポートページにFace IDが使えなくなる条件が記載されていました。
さらに別のAppleのサポートドキュメントによると以下の条件で、Touch IDは使えなくなり、パスコードを求められます。

  • デバイスの電源を入れた直後や再起動したとき。
  • デバイスが 48 時間以上ロック解除されていないとき。
  • デバイスのロック解除に過去 6 日半パスコードが使われておらず、過去 4 時間に Face ID でデバイスのロックを解除していないとき。
  • デバイスでリモートのロックコマンドを受信したとき。
  • 顔認証または指紋認証に 5 回失敗した後。
  • 音量ボタンのどちらかとサイドボタンを同時に 2 秒間長押しして電源オフ/緊急 SOS を作動させた後。

スポンサーリンク

COMMENTS