AirPods Proの最新ファームウェア「2D27」がリリース。サラウンドに対応か!?

AirPods Proのファームウェア 2D27 がリリースされる

スポンサーリンク

通常、ファームウェアのアップデートは詳細なアップデート内容が告げられないため、今回のアップデートで何が変わったのかわかりません。

海外のApple系のメディアMacRumorsによると、AirPods Proはアクティブノイズキャンセリングの性能低下や、AirPods Proから異音がするという報告があがっており、これらの問題が修正されている可能性があります。

ちなみに今回のアップデートによって、先日Appleから発表があったAirPods Proでサラウンドサウンドを可能にする機能「Spatial audio」が搭載されているかどうかも明らかになっていません。

試しにサラウンドサウンドに対応したのか、試してみた

スポンサーリンク

上の動画を含めた幾つかのDolby Atomsや3D Soundと称した動画をAirPods ProとAirPodsで聞き比べてみましたが、僕にはAirPods Proのほうが立体的に聞こえました。

ただこのAirPods ProとAirPodsの音の違いが、本体の性能やイヤホンの形状の問題なのか、それとも今回のアップデートで改善されたものなのか?はわかりませんでした。

また「立体的に聞こえた」のが「サラウンドサウンド」なのかも怪しいところです。

ちなみにMacRumoursのコメント欄には1つ前のファームウェア「2D15」と変わらないといった声も寄せられています。

ぜひこの記事を読んだ方の中でアップデートする前のAirPods ProとアップデートしたあとのAirPods Proを聞き比べていたり、「耳に自信あり」という方がいたら、本当のところAirPods Proは今回のアップデートでサラウンドサウンドに対応したのか、情報をいただけるとありがたいです。

情報は問い合わせフォーム、またはTwitter @how_to_ringo までお寄せください。

AirPodsのアップデート方法

AirPodsのファームウェアをアップデートする方法なのですが、実は明確なものがありません。

一般的には

  • AirPodsがケースに入っている
  • AirPodsのケースが充電中である
  • AirPodsと繋がったiPhone、またはiPadがAirPodsの近くにある

と言われていますが、僕は今回AirPods Proのケースを充電していなかったにも関わらず気が付いたらアップデートされていました。

なので、この辺は待ってみるしかないようです。

関連記事

1 2