【AirTag】ファームウェアのバージョンを確認する方法・アップデートする方法は?

この記事ではAppleの落とし物防止タグのAirTagのファームウェアバージョンを確認する方法と、もし新しいファームウェアがリリースされたときにどのようにアップデートするのか紹介します。

AirTagのファームウェアバージョンを確認する方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPad、Apple WatchなどのOSのバージョンは設定→一般→情報から、AirPodsのファームウェアのバージョンはBluetoothから確認することができます。

ところがAirTagはそれらの方法でファームウェアの確認をすることができません。

では、どこで確認するのか?というと探すアプリを使います。

AirTagのファームウェアバージョンを知る方法
  1. 探すアプリを開く
  2. 画面下から持ち物を探すをタップ
  3. ファームウェアのバージョンを知りたいAirTagをタップ
  4. バッテリーアイコンをタップ

バッテリーアイコンがあった場所にシリアル番号とファームウェアのバージョンが表示されます。

ファームウェアをアップデートする方法はある?

スポンサーリンク

2021年5月16日現在、AirTagが発売から2週間ちょっとしか経っていないこともあり、新しいファームウェアはリリースされていません。そのため具体的な方法はAppleから発表されていません。

iPhoneやiPad、MacはOSのソフトウェアアップデートを「設定一般ソフトウェア・アップデート」で行うことができます。

AirPodsはAirTag同様「ファームウェア」を使っていますが、手動でアップデートすることはできません。わかっているAirPodsのアップデートされる条件は以下の3つです。

  • AirPodsがケースに入っている
  • AirPodsのケースが充電中である
  • AirPodsと繋がったiPhone、またはiPadがAirPodsの近くにある

ちなみにこの条件が揃っていてもファームウェアがアップデートされるまでリリースから1日以上かかることもあります。

そのためもしAirTagのファームウェアがアップデートされたら、iPhoneやiPadと一緒に持ち歩いて自動でアップデートされるのを待つしかなさそうです。

関連記事