iPhone・iPadのアプリを勝手に削除できないようにする方法

スポンサー・リンク

iPhoneやiPadはロック画面さえ解除できれば、誰でも簡単にアプリを削除をすることができます。

つまりiPhoneやiPadを子どもに使わせたり、職場のスタッフに支給したとき、意図せずアプリが消されてしまう可能性があります。

そんなことが起こらないためにアプリを勝手に削除できないようにする設定を紹介します。

iPhoneやiPadのアプリを削除できないようにする方法

iOS 12でアプリの削除を制限する方法

iOS 12の場合「スクリーンタイム」という機能からアプリの削除を制限します

iOS 12 スクリーンタイム アプリの削除を制限する方法 01

  1. 設定をタップ
  2. スクリーンタイムをタップ
  3. コンテンツとプライバシーの制限をタップ
    iOS 12 スクリーンタイム アプリの削除を制限する方法 02
  4. コンテンツとプライバシーの制限をオンに
  5. iTunesおよびApp Storeでの購入をタップ
  6. Appの削除をタップ
  7. 許可しないをタップ

以上でアプリの削除を行えなくなります。

ただし気を付けたいのは、この状態では誰でも簡単にアプリを削除できるよう設定を戻すことができます。もしスクリーンタイム自体にロックをかけたい場合は下記の方法を参考にしてみてください。

スクリーンタイムをパスワードでロックする方法

スクリーンタイムをロックすることで、アプリの削除の制限をオフにすることができなくなります。やり方は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. スクリーンタイムをタップ
  3. スクリーンタイム・パスコードを使用をタップ
  4. 4桁のパスコードを設定
  5. 4桁のパスコードを再度入力

iOS 11でアプリの削除を制限する方法

iOS 11でアプリを削除できないようにするには、「機能制限」を使います。

設定方法は以下の通りです。

iOS 11 機能制限 アプリの削除を制限する方法 01

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 機能制限をタップ
  4. 機能制限を設定をタップ

iOS 11 機能制限 アプリの削除を制限する方法 02

  1. 機能制限用のパスコードを設定
  2. 機能制限用のパスコードを確認のために再入力
  3. Appの削除オフ

これでアプリの削除に制限がかかりました。機能制限を解除しなければアプリを削除することはできません。

アプリを削除したい時は

機能制限をかけたあとでアプリを削除したくなったときは、上の機能制限のページで、先ほどオフにしたAppの削除をオンにすればアプリを再び消すことができるようになります。

機能制限に関する他の記事もどうぞ

iPhone/iPadのApp Storeのアイコンが消えた時の探し方(iOS 12対応)

iPhoneやiPadでロックスクリーンからカメラを起動させない方法はある?(iOS 11対応)

iPhone/iPadのApp Storeのアイコンが消えた時の探し方(iOS 12対応)

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告