【iPhone・iPad】スクリーンタイムにパスコード(パスワード)をかける方法

この記事ではiPhone・iPadのスクリーンタイムにパスコード(パスワード)を設定する方法を紹介します。

会社の従業員や、自宅で子どもにiPhoneやiPadを使わせるとき、利用時間の制限やアプリのインストール制限の設定を他人に勝手に変えられる心配がなくなります。

スクリーンタイムにパスコードをかける方法

スポンサーリンク

それではさっそくスクリーンタイムにパスコードを設定して、勝手に設定を変えられないようにする方法を紹介します。

スクリーンタイムにパスコード(パスワード)を設定する方法 1/2
  1. 設定を開く
  2. スクリーンタイムをタップ
  3. 下にスクロールしてスクリーンタイム・パスコードを使用をタップ
  4. スクリーンタイム用のパスコードを設定

以上でスクリーンタイム用のパスコードを設定することができます。

iPhoneやiPadのパスコードとは別

このスクリーンタイムのパスコードは、iPhoneやiPadの画面ロックを解除するパスコードとは別で設定します。

スクリーンタイムにロックがかかるとどうなるか

では試しにスクリーンタイムにロックがかかるとどうなるのか、見てみましょう。

スクリーンタイムにパスコード(パスワード)を設定する方法 2/2
  1. スクリーンタイム内の休止時間をタップ
  2. スクリーンタイム用のパスコードが求められるので入力
  3. 無事にロックが解除されます。

子どもの端末に遠隔でスクリーンタイムのパスコードを

スポンサーリンク

スクリーンタイムのパスコードは親の端末から子どもの端末をリモートで設定することもできます。

リモートで設定することで、子どもの端末に触らずに制限時間を長くしたり、逆に短くしたりすることが可能です。

ただし子どものスクリーンタイムをリモートで管理するためには、必ず子どものApple IDは「子どものApple ID」である必要があります。

スクリーンタイムの関連記事

関連記事