どうしてiPhoneやiPad、Macの時計はいつも9時41分で、Apple Watchは10時9分30秒なのか

どうしてiPhoneやiPad、Macの時計はいつも9時41分で、Apple Watchは10時9分30秒なのか

Fitbit Alta HRで時計を表示させたり表示の並びを変える方法
ここまで徹底していた!初代iPhone開発の様子を当時のエンジニアが明かす
海外旅行の時差?サマータイム?Fitbit Alta HRの時間をiPhone/iPadと同期させる方法

スポンサーリンク

先日、フッと不思議に思うことがありました。

それはiPhoneやiPad、Macの時計は常に9時41分をさしているのに、Apple Watchだけ「10時9分30秒」をさしているのか?ということです。

もともとiPhoneやiPad、Macの時計が9時41分ということは知っていました。でも、それもどうしてなのかは知りませんでした。ましてはApple Watchについてはつい先日10時9分30秒をさしていることに気がついたくらいなので、知る由もありません。

そこでそれぞれどうして決まった時間をさしているのか調べてみました。

iPhone、iPad、Macが9時41分をさしている理由

Appleのウェブサイトや広告で使われているiPhoneやiPad、そしてMacはすべて9時41分をさしています。

スポンサーリンク

これはもともとスティーブ・ジョブズが2007年に初代iPhoneを発表した時刻に関係していると言われています。

当時、スティーブ・ジョブズは9時に登壇し、40分後にiPhoneを発表する予定でした。そこでスティーブ・ジョブズはそれを見越して大画面に映し出される時計をすこそ余裕を持たせた「9時42分」に設定したそうです。

それが初代iPad発売時まで9時42分が表示され、iPadの発表時から9時41分に変更されました。その後、スティーブ・ジョブズが亡くなったあとも伝統的に9時41分に設定されています。

ちなみにこの「登壇から40分後」という時間設定をAppleでは「Secret magic time」と呼んでいます。

なぜApple Watchだけ10時9分30秒なのか

では、なぜApple Watchの時計は他の製品と同じ9時41分ではなく、10時9分30秒なのでしょうか。

実は9時41分の謎とは違って、Apple Watchが10時9分30秒をさしている理由は明らかにされていません。一般的に言われている理由は2つです。

1つはもともと多くの時計が「10時10分30秒」で設定されているからです。
この10時10分30秒を使い始めたのは90年以上も前にHamilton Watchです。なぜこの時刻にしたのか?というと

スポンサーリンク

  • 時計の針が重ならない
  • 一般的に12時の下に来るロゴが一番キレイに見える
  • ストップウォッチなど時計の3時から9時のあいだに多く来る要素の邪魔をしない
  • 長針短針そして秒針の位置が左右対称で、人々は相対性を好むから

などが上げられています。確かにこれを知ってから意識して時計の広告を見るようにしていますが、ほとんどの時計が10時10分30秒になっています。

そしてもう1つの理由はiPhoneやiPadなどの時計を9時42分にしていたのを「1分早めた」のと同じように、Apple Watchの時間も1分早めたのでは?というものです。では、なぜ1分早まったのか?これは明らかにされていません。

もしかしたら「1分先=時代の先を行く」という意味が込められているのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

COMMENTS