iOS 15・iPadOS 15リリース前にやっておきたい・準備したいこと

スポンサーリンク

この記事ではiOS 15・iPadOS 15がリリースされる前にやっておきたいこと、準備したいことを紹介します。

今回する「やっておきたいこと」はiOS 15やiPadOS 15に限らず、普段のソフトウェア・アップデートでも使えることなので、ぜひ今後のアップデートの時も参考にしてみてください。

使っている端末でアップデートした方が良いか調べる

一番最初にやっておきたいことはお使いの端末がiOS 15・iPadOS 15にアップデートした方が良いか調べることです。

ちなみに対応していない場合はソフトウェア・アップデートでiOS 15やiPadOS 15のアップデートは表示されないので、間違えてインストールすることはありません。

ここで知りたいことは「アップデートした方が良いかどうか判断する」ことです。

スポンサーリンク

どういうことかというと、例えばここ1-2年で発売された端末はiOS 15やiPadOS 15にアップデートしても動作が遅くなることはなく、また搭載された多くの機能を使うことができるのでアップデートをするメリットがあります。

iPhoneの場合はiPhone Xより前

ところがiPhone Xやそれ以前の端末を使っている場合、iOS 15の新機能で使えない機能が多く存在します。例えば以下のような機能はiPhone Xやそれ以前の端末では使えません。

  • FaceTimeの空間オーディオ
  • FaceTimeのポートレート
  • 画像からテキストを認識する
  • Siriをオフラインで使う

他にもiPhone X以前の端末では使えない機能がいろいろありますので、iPhone XやiPhone 8などを使っている方は下記の記事をチェックしてみてください。

iPadの場合はA12 Bionic非搭載端末

ではiPadは?というと、iPadの場合「A12 Bionic」かそれ以降を搭載していればほとんどの機能を使えるのですが、それ以前のチップを搭載したiPadは使えない機能が多くなります。

具体的には以下のモデルよりも古い端末の場合、せっかくiPadOS 15にアップデートしても新機能は使えない可能性があります。

スポンサーリンク

  • iPad 第8世代 2020年モデル
  • iPad mini 5 2019年モデル
  • iPad Air 2019年モデル
  • iPad Pro 2018年モデル

古い端末の場合は見送るという判断も有り

AppleはiOS 15・iPadOS 15をリリースしたあともiOS 14・iPadOS 14のセキュリティーなど重要なアップデートを行っていくと発表しています。

なのでしばらくはiOS 14・iPadOS 14のままアップデートして、様子を見ながら「iOS 15・iPadOS 15にしても遅くならないか」などを情報を得ながら、必要に応じてアップデートしても良いのかもしれません。

空き容量をチェック→必要に応じて空きを増やす

iOS 15・iPadOS 15にアップデートすると決めたら次はストレージの空き容量をチェックしましょう。

iOS 15からアップデート方法が変わり、以前より少ない空き容量でもアップデートを行えるようになりました。とはいえ、最低でも2.0GB、できれば2.5GB・3.0GB有ることが望ましいです。

ストレージの空き容量を調べる方法

スポンサーリンク

ストレージの空き容量は以下の方法でチェックできます。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. iPhoneストレージまたはiPadストレージをタップ

画面の上部にストレージ容量と空きがどのくらいあるか表示されます。

不要なものを消して断捨離をする

空き容量が足りない場合は不要な物を削除して空き容量を増やしましょう。

空き容量を増やしたいとき消すと効果的なものは?というと

  • アプリ(特にゲーム)
  • 動画

この2つが容量を圧迫していることが多いです。アプリや動画を消すとき効果的にデータサイズが大きいアプリや動画を消す方法はここで紹介すると記事が長くなりすぎてしまうので、別の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

バックアップを取る

空き容量が増えてアップデートできるだけのストレージを確保できたらiPhone・iPadのバックアップを取りましょう。

iPhone・iPadのバックアップを取る方法は主に2つ「iCloud経由」と「パソコン経由」です。

以前はインターネット回線の遅さや、iCloudバックアップの機能が微妙だったことから「iPhone・iPadのバックアップはパソコンに取った方が良い」と言われていました。

ところがいつの間にかiCloudバックアップはパソコンと同じようにバックアップが取れ、さらにインターネット回線が速くなったことでパソコンにバックアップを取ったり復元するのと遜色ない状態になりました。

そのため今では個人的にはiCloudバックアップの方をお勧めしています。

もしWindowsやMacでバックアップを取るときは、MacならmacOS、WindowsならiTunesのアップデートが必要になるかもしれません。

またバックアップを使って復元するときもmacOSやiTunesが最新版になっている必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:iOS・iPadOSをアップデートする前は

iOS・iPadOSのアップデートを行うときの準備をもう一度まとめると

  1. 使っている端末でアップデートした方が良いか考える
  2. ストレージの空き容量が少ないときは空き容量を増やす
  3. バックアップを取る

たったこの3つです。

空き容量に関しては日常的に断捨離をしている人や、大きめのストレージのモデルを使っている人ならあまり気にする必要はありませんが、中には写真を1枚撮ることもできないほどストレージ容量が足らなくなっている人もいます。

バックアップはずっと行っていないと時間がかかるかもしれません。

iOS・iPadOSのメジャーアップデートはデータのダウンロードからインストールまで他のアップデートより時間がかかりますので、時間に余裕を持って進めましょう。

スポンサーリンク

ソフトウェア・アップデートに関する記事

関連記事