iPhoneやiPad、Macで「あ゙」や「え	゙」など濁点を入力する方法

iPhoneやiPad、Macで「あ゙」や「え ゙」など濁点を入力する方法

iPhone/iPadでBluetooth機器(イヤホンやスピーカー、キーボードなど)を解除する方法
iPhone 8かそれ以前のユーザーがiPhone XSとiPhone XRを買う前に知っておきたいこと
iPhoneの通話中に電話を保留にする方法

スポンサーリンク

この記事では、iPhoneやiPad、Macで「あ゙」や「え゙」などローマ字入力のキーボードでは入力しにくいひらがなの入力方法を紹介します。

ちなみに「ゔ」はローマ字入力で「VU」と入力するだけ。フリック入力の場合は「う」を打って濁点を加えるだけです。

「あ゙」や「え゙」を入力する方法

「あ゙」や「え゙」を入力するとき、2種類の「あ゙」や「え゙」があります。それは「全角の濁点」と「半角の濁点」をつける方法です

全角で「あ」や「え」に濁点を付ける

iPhoneやiPad、Macで「あ」や「え」など通常濁点がつかない言葉に「全角」の濁点をつけるには「てん」と入力して変換するだけです。

例えば「あ゛」の場合は「あ」と打って確定。そのあと「てん」と入力して変換すると「゛」が変換候補として出てくるので確定させます。

スポンサーリンク

このやり方はiPhoneやiPad、Macどれを使っても同じです。ちなみにMacのGoogle日本語入力の場合は変換中に補足として「゛」の横に「濁点」と書いてあるのでわかりやすいです。

それ以外の入力システムでは「てん」と打って変換しても補足は出てきません。見た目が似た候補がたくさんあるので一瞬どれが濁点かわかりにくいです。

そんな時は後で紹介する「単語登録」をすることをお勧めします。

半角で「あ」や「え」に濁点を付ける

上で紹介した「全角の濁点」は「゛」の右横に空白があるため、少し不自然な感じがしてしまいます。

その点、半角の濁点は余計なスペースが小さいため全角の濁点よりも違和感がありません。

では「半角の濁点」を付けるにはどうすれば良いのか?というと、残念ながらiPhoneやiPadでは通常半角の文字を入力することができません。

なのですでに半角の濁点が付いた「あ゙」や「え゙」をコピーしてペーストするか、入力頻度が高い場合は、単語登録して毎回入力しなくても良いようにするのが手軽です。

スポンサーリンク

濁点や濁点が付いた文字を単語登録する

まず全角の濁点を「てん」と入力して変換するのが煩わしい場合や、半角の濁点を使ったひらがなやカタカナを入力したい場合は、単語登録しましょう。

どういうことか?というと。

例えば通常「だくてん」と入力しても「゛」は変換候補として表示されません。そこで「゛」を「だくてん」で登録すれば、次回から「だくてん」と入力すれば、「゛」が変換候補として上がってきます。

また半角を含んだ「あ゙」や「え゙」を「あ」や「え」で登録すれば、「あ」と入力したときに「あ゙」が変換候補として表示されます。

例えば「゛」を「だくてん」という読みで単語登録するにはiPhoneやiPadからの場合、

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. キーボードをタップ
  4. ユーザ辞書をタップ
  5. 画面右上のをタップ
  6. 単語を入力、またはペースト
  7. よみだくてんと入力
  8. 画面左上のユーザ辞書をタップ

これで単語登録は完了です。

Macの場合は入力システムによって登録方法が異なりますが、基本的にメニューバーにあるあのアイコンをクリックすると単語登録やユーザ辞書を編集するといった項目があるはずなので、そこから登録を行いましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS