iPhone/iPadでBluetoothキーボードから日本語・英語入力を切り替える方法

iPhoneやiPadにBluetoothキーボードを繋いで、「これで一気に生産性があがる」と思ったものの、キーボードに「英かな」ボタンがなく、またiPhone・iPadの画面にもキーボードの入れ替えボタンがなくて戸惑った経験があります。

そこでこの記事では同じような経験をした人のために、iPhoneやiPadにBluetoothキーボードを繋いだ時、入力システムの言語を切り替える方法を紹介します。

iPhone/iPadでBluetoothキーボードから入力システムを切り替える

スポンサーリンク

iPhoneやiPadでBluetoothのキーボードを切り替える方法は2つあります。

1つ目はControl+Spaceを押す方法です。厳密にはControlを先に押してそのまま手を離さずにSpaceを押します。

そしてもう一つのやり方はCaps Lockを押す方法です。

そうすると以下のスクリーンショットのようなメニューが表示され、キーボードが切り替わります。

iPhone iPad キーボードを切り替える方法

「Control+Space」と「Caps Lock」で動きが違う

スポンサーリンク

ちなみにControl+Spaceでキーボードを切り替えるのと、Caps Lockでキーボードを切り替えるので、キーボードの切り替わり方が違います。

例えば3種類のキーボードを切り替えるとき、どのようになるか見てみましょう。

  • 日本語かな
  • 英語
  • 絵文字

Control+Spaceを押したときの動き

まずControl+Spaceを押したとき、入力システムがどう切り替わるのか?からです。

【iPhone・iPad】BluetoothキーボードをControl+Spaceで切り替えたときの動き

もし日本語が選択されている場合、英語→絵文字→日本語の順番でキーボードが切り替わります。

ちなみにShift+Control+Spaceの場合、逆順でキーボードは切り替わります。

Caps Lockを押したときの動き

続いてCaps Lockを押した場合です。Caps Lockは基本的に使用中のキーボードと英字キーボードの間を行き来します。

そのため日本語キーボードを使っているときにCaps Lockを押すと英語に。そして英語キーボードを使っているときは日本語キーボードに切り替わります。

Caps Lockで切り替わらないときは

もしCaps Lockを押してもキーボードが切り替わらないときは、設定がオフになっている可能性があります。

設定は以下の手順で確認することができます。

Bluetoothキーボード。「Caps Lockで切り替える」をオンにする方法 1/2
  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. キーボードをタップ
Bluetoothキーボード。「Caps Lockで切り替える」をオンにする方法 2/2
  1. ハードウェアキーボードをタップ
    ※Bluetoothキーボードが繋がっていないとハードウェアキーボードは表示されません。
  2. Caps Lock英字切り替えオフになっていたらオンに。

キーボードにまつわる関連記事

その他、iPad限定でキーボードにまつわる記事もあります。

関連記事