iPhoneで片手キーボードにする/解除する方法(iPhone XS Max対応)

スポンサー・リンク

iPhone 6 Plusが登場してから、年々ディスプレイが巨大化するiPhone。

画面が大きくなるのは良いこともありますが、片手でキーボードを使う人にとって「入力しにくい」という問題が起こり始めます。

そこでこの記事ではiPhoneのキーボードを片手キーボードにする方法、そして片手キーボードを解除する方法を紹介します。

iOS 11から「片手キーボード」が実装されている

実は2017年9月にリリースされたiOS 11から「片手キーボード」機能が実装されました。

片手キーボードはキーボードの横幅を一回り細くし、右寄せまたは左寄せすることができます。

複数キーボードを使っている場合

日本人の場合、多くの人が「日本語」と「英語」のキーボードを入れていると思います。その場合は以下の方法で片手キーボードを表示させることができます。

  1. 画面左下の地球儀を長押し
  2. 右寄せ左寄せのキーボードを選ぶ

これでキーボードは全体的に左に寄りました。スクリーンショットでは左に寄せていますが、右利きの人は右に寄せたほうが使いやすいですね。

キーボードを元に戻したい場合は、キーボードの横に出るマークをタップすれば元に戻ります。

キーボードを1つしか使っていない場合

もしキーボードを一つしか使っていない場合は、画面左下に地球儀のようなマークが出てきません。その場合は、以下の方法でキーボードを左や右に寄せることができます。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. キーボードをタップ
  4. 片手キーボードをタップ
  5. 寄せたい方を選ぶ(選択肢はオフ、左側、右側の3種)

元に戻すときはこれと同じ手順で進んでいき、最後にオフを選択すればOKです。

もっと寄せたい・もっと自由度が欲しい場合は

上で紹介した方法以上にキーボードを右に寄せたい、もしくは小さくしたい場合は、「片手キーボードPRO」を使ってみることをオススメします。

片手キーボードPRO」はキーボードの大きさや配置を自由に決めることができます。画面が大きなiPhone XS Maxを手が小さい女性が使うとき非常に重宝するはずです。

試しにiOSに最初から入っているキーボードで片手キーボーをオフにしたものとオンにしたもの、それと片手キーボードProでキーボードを小さくしたものを比較してみましょう。

かなり片手キーボードはかなり小さくできることがわかります。
実はこれ以上小さくすることもできるのですが、iPhone Xの画面でこれ以上小さくすると入力するのが大変なほど小さくなってしまいます。

iPhone XS Maxの大きな画面なら親指が届く範囲にすべてのキーが収まる最適なサイズのキーボードを作れるはずです。

片手キーボードProは他にも機能満載

片手キーボードProはキーボードの大きさや位置を自在に変えるだけでなく以下のような機能も搭載しています。

  • 3D Touchで「が」や「っ」「ぱ」も1フリックで入力可能
  • キーボードの背景や色の変更ができる
  • 「削除」キーのスワイプで「1文」まとめて削除
  • 「空白」キーのスワイプで「全角スペース」を入力

その他、アプリの説明ページにはここでは紹介できないほど膨大な量の「できること」が書かれています。興味がある方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告