iPadのBluetoothキーボードで言語がControl+Spaceで切り替わらない時の対処方法

iPadにBluetoothキーボードを接続して日本語を入力してみようとしたところ、なぜかキーボード(言語)が切り替わらない。そんな症状に見舞われる人がいます。

この記事ではiPadでBluetoothキーボードを接続した時、日本語のキーボードと英語のキーボードを切り替える方法を紹介します。

キーボードの切り替えが出てこない

スポンサーリンク

日本語キーボードと英語キーボードを入れ替える時はControl+Space、または設定によってはCaps Lockで切り替えることができます。

英語と日本語のキーボードを外付けのキーボードで切り替えようとすると、以下のようなメニューが画面の真ん中に表示されます。

ところが実際にControl+SpaceCaps Lockを押しても、この画面が表示されず「キーボードを切り替えられない」という声があります。

上のスクリーンショットのようなキーボードを切り替えるメニューが出てこず、代わり画面が下にスクロールしてしまったり、スクロールすらせず何も変わらなかったりします。

原因は入力できる状態になっていないこと

スポンサーリンク

いったいなぜそんなことになってしまうのか?というと、Macや Windowsのパソコンと違い、iOSは文字を入力できる状態になっていないと、キーボードの入れ替えをすることができないからです。

例えば、Googleで検索をしようとした時、検索語句を入れるところをタップして、文字を入れられる状態になっていないのにControl+SpaceCaps Lockを押してもキーボードは切り替わりません。

キーボードを切り替えたいときは、文字が入力できる状態になっているのを確認して、Control+SpaceCaps Lockを押すようにしましょう。

キーボードにまつわる関連記事

その他、iPad限定でキーボードにまつわる記事もあります。

関連記事